コドミン 大人

コドミンは大人に使っても大丈夫?

コドミンについては、子供が服用するというイメージですが大人でも服用することが出来るのでしょうか?もしもコドミンが大人も服用することが出来るのなら、大人で落ち着きを取り戻したい時に服用出来ますよね!

 

また、大人でもADHDなどで苦しんでいる方も多くいますので、コドミンに含まれている成分で大人も仕事がしやすくなるということもあるかもしれません。
ここでは、コドミンは子供以外に大人でも使うことが出来るのか確認してみました。

 

コドミンは大人でも使うことが出来る?

結論から言いますと、コドミンについては子供以外に大人でも安心して服用することが出来ます。やはり子供が飲めるということは大人でも飲めるというものですね。

 

コドミンを服用したいという子供の場合、多動だったりADHDなどが考えられますが、これは決して子供の時に気がつくものではありません。大人になってから自分はADHDだったと初めて診断される人も多くいるものなのです。

 

そのような方達には、コドミンを服用すると落ち着きが出始めたり集中力が高まったりするものです。

 

大人にも期待出来るコドミンの成分

大人の発達障害や落ち着きのなさについては、食べ物である程度改善出来る場合があります。コドミンには、大人の脳にも良い影響を与える成分がしっかりと入っています。

 

DHA

魚に多く含まれているDHAは神経組織の発達を促進させてくれる成分です。例えば、大人のADHDの方だと、何か膨大な情報を与えられたとしたらその量を上手く脳内で処理出来ないということがあります。

 

しかし、DHAが多く脳内にあることで上手く処理がスムーズにいくようになるのです。

 

イチョウ葉

いくら栄養のある成分をとっていても、血液の流れによって脳内に栄養分を運び込まないと意味がありませんよね。イチョウの葉には血流を促進させてくれる効果があるので、体内に入った脳を落ち着かせる成分をしっかりと脳内に送り出すことが出来るのです。

 

ホルファチジルセリン

自律神経を整えるレシチンの成分になります。特にADHDや多動の子供はこの成分を摂取していると落ち着きや集中力が増すと言われています。

 

このホルファチジルセリンが多く含まれている食べ物には大豆があるのですが、大豆でもADHDや多動に良い影響が与えられるまでの量はなかなかありません。というのも、大豆の場合は0.03mgくらいしか1日に摂取することが出来ないからです。

 

しかし、コドミンには一粒に100mgものホルファチジルセリンが入っているので食べ物から摂取するよりも効率的に精神を安定させることが出来るのです

 

以上が、コドミンのサプリメントの特徴になります。

 

コドミンは大人でも使えた!

コドミンは大人の人でも使えるのかどうか確認してみた所、コドミンは大人でも安全に服用出来ることがわかりました。

 

そもそも大人になってからADHDだと診断がされる場合もよくあります。そのため、このような方は積極的に脳内に良い影響を与える必要がありますので、コドミンのような脳内に良い成分をしっかりと与えたいものですね!

 

>>コドミンの詳細はこちら