コドミン 多動性障害

コドミンは多動性障害にどう影響する?

「多動性障害かもしれない・・・」と不安に思い始めたお母さんなら、何とかして多動性障害をよくしたいとおもいますよね。そんな時にコドミンは有効なのでしょうか?コドミンなら、精神を安定させる効果もあるので多動性障害の方にも有効かもしれませんよね!

 

もしもコドミンが使えるならコドミンはラムネ味なので多動性障害の子供でもストレスなくケアすることが出来ますね。ここでは、コドミンについては多動性障害の人にも有効なのかどうか調査してみました。

 

多動性障害って何?

そもそも、多動性障害とはどのような特徴があるのでしょうか?多動性障害は多くの場合、3〜6歳頃に見つかることが多いと言います。

 

多くの症状としては、落ち着きがない・けんかっ早い・ミスが多いなどがあります。この多動性障害については、月齢が低い時に診断されて対処しておいた方が人との関わりが安定するとも言われています。

 

コドミンは多動性障害に有効?

では、そんな多動性障害の子供にコドミンは有効なのでしょうか?結論から言うと、コドミンは多動性障害の子供に有効です。

 

コドミンが胎動性障害の子供に有効な理由は、成分の中に「ホルファチジルセリン」という脳の栄養素とも呼ばれている成分が多く含まれているからです。

 

このホルファチジルセリンには大豆や肉などに多く含まれているのですが、集中力をアップさせたり落ち着きをもたせる効果があります。

 

「だったら大豆や肉を食べればいいじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、普通に大豆や肉などを摂取していてもかなり大量に食べないと脳への影響は少ないのです。例えば、大豆の場合は3.3キロもの大豆を食べないといけないので、普段の食生活ではなかなかこれだけの量をとることが出来ません。

 

しかし、コドミンの場合はこの3.3キロの大豆の栄養分を一粒で摂取することが出来ます。そのため、毎日摂取し続けることでかなり脳に良い影響を与えることが出来るのです。

 

多動性障害の大人にも有効?

では、多動性障害の大人でもコドミンは有効なのかというと、コドミンは大人でも有効です。大人の多動性障害で困ることと言えば、仕事のミスが多いことが目立ちますが、コドミンでこのホルファチジルセリンを摂取し続けていると集中力がアップするので仕事のミスも改善することに繋がるのです。

 

コドミンは多動性障害に有効!

ここでは、コドミンについては発達障害の1つである多動性障害に有効なのかどうかを確認してみました。すると、コドミンは多動性障害の子供に有効だということが分かりました。

 

どうして多動性障害の子供に良いのかというと、ホルファチジルセリンという落ち着きを与える成分が多く含まれているので多動にも良い影響を与えるのでした。また、大人の多動性障害にもコドミンは有効なので、多動性障害が原因で仕事のミスが目立つという場合には、ぜひコドミンを服用してみることをおすすめします。

 

>>コドミンの詳細はこちら